書物

投機を始めた頃、トレード本を買うのを迷うことがあった。
割りに高いし、、、期待外れだといやだなぁ~ とか。。。

今、知識も経験もそれなりに増え、目新しいことはない。
知識を深く掘り下げるよりは、違った目線での見方や新しいアイデアのヒントがあるなら、とにかく知りたい。

もしも、買った本の中の99%が知っていることだったとしても、1%が自分では思いつかないことだとしたら、得した気になる。

考えてみると、もしも、今だ負けているトレーダーだとしたら、本を読むことは必要だし、勝っているトレーダーだとしても、新しいアイデアを求めてウズウズしている。

そう思うと、どちらにしても、良書と言われるものは、初めから定期的に購入した方が良い。
トレーダーとして、生きていくなら、必ずそうなるのだから、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました